浮腫み易いカラダだったのが改善

今や9階層くらいになると思いますが、毎朝リンゴを召し上がるようにしています。
リンゴは元々お気に入りでしたが、リンゴが出回るのは秋に入る辺りから早春までですよね?

も、なんとか探して買って1階層を通して食べるようにしています。
それは、従来ヨガに通っていた店頭の教員が、
「朝方食するくだものは身体に良いのよ」
という、教えて下さったからです。

丁度朝方は何を食べようかと思っていた時季もあったので、さっさとリンゴを買い、毎朝リンゴを採り入れるようになりました。

すると、しばらくして毎朝のお通じが良くなったのと、浮腫み易いカラダだったのが改善されていきました。

そうして、気がついたら冬に一度は弱く感冒をひいていたのが、感冒は全く無縁になったのです。

他にもだらだら気をつけていらっしゃる事はありますが、僕にとっての大きな変化は朝方はパンを食べたりおにぎりだったりしたのを、リンゴに変えた時だったので、予めリンゴのお陰様かと思います。

最近ではリンゴに人参を加えてドリンクとして飲んだりもしています。
一般的にそんなドリンクにはどうしてもレモンを入れますが、本当はやめた方が良いです。

なぜなら、レモンの酸がリンゴや人参のビタミンを壊してしまうからだ。
さほど知られていないかもしれませんが、非常にもったいないと僕は思っています。

なので、僕はリンゴといった人参のみのドリンクを飲んだり、リンゴを食べたりしています。
こういうリンゴ人参ドリンクは病後の慣例改変にもひどく良いので、病み上がりの方にもお勧めしたいメニューだ。

面持に思い切り出ていた大人面皰も随分といって嬉しいほど出なくもなりました。
これは正に嬉しい限りです

リンゴや特に人参のドリンクは不愉快それぞれもいるから食べられない、飲めないという方もいると思います。
も、本当にリンゴの甘さで人参の病み付きがとれてしまう。

リンゴ人参ドリンクではなくても、リンゴだけでも朝方の一個はカラダには良いと僕は実感しています。xn--vck8ck2a5bc1d6cy795ck9n.net

コメントを残す