午前バナナとスムージー ―私の「通じる」を変えたちっちゃな元たち―

 はじめまして。今日は私の健康維持の秘訣ってその重要性にあたって僅か紹介します。わたくしはアラサー女で不妊治療を意識する奴だ。もしかして、名前をご覧になったみなさんは、「昼前バナナというスムージーが生き方を入れかえるなんて、なんて大袈裟です」と思われた方も多いのではないかと思います。但し、ふっとこの前までのわたくしは、偏食し放題、学生のところのひとり暮しから社会人になっても、食に関する感性はかなり安い品でした。20代のところは残業続きで、深夜に「ポテトチップスに缶ビール」という不摂生を繰り返していました。グングンいえば、「朝食」を売る恒例は、とっくに小学校の高学年のところからありません。ここ10階級くらいは、ポピュラーコーヒー飽和で朝をしのぎ、Lunchが養分の本元でした。

 ただし、わたくしが健康に気持ちを甘んじるようになったのは、去年、長引く流感と体調不良を経験したことが要点でした。毎日のようにある偏頭痛、腰や関節の痛み、吐き気。医院で血検査を行えば、まさかの「貧血、栄養失調」との診療。それには自分の不摂生さに言葉を失いました。そうして、流感加療にという診察したいつもの内科での診療が、私の幸福を変えました。院長教官の触診を通じて、「お腹に手強いしこりがある」ことが判明したのです。なんでもないとの安らぎパーツを得るべく、アッという間にお母さん科を受診しましたが、そのときの検査で、「子宮筋腫・子宮機会膜ポリープ」が私の腹のなかにゴロゴロあることがわかりました。

 わたくしは、以前に結婚をしていますので、年齢系にも乳児を、と考えていたポッキリそんなとき、お母さん科の主治医からは「氏(わたくし)は低血圧で子宮機会膜も少なく、懐妊に邪魔な筋腫やポリープが沢山起こる。ぜひアッという間に切除することを働きかける」と。のち、気持ちの浮き沈みはあったものの、2たびの手術を終え、今は丸ごと元気になりました。

 が、思えば、こういう青天の霹靂は「自分の身体のことを策する」ポッキリ良い機会になったのかもしれません。常々飲み込むお茶もノンカフェインのルイボスティーに換え、コーヒーはコーヒー豆の香りの始める玄米茶に換えました。これらは通販も売られていますが、わたくしは「Natural House」というオーガニック培養や有機にこだわったお店で購入しました。店内にはジュースや豆類、ハチミツなど自然もとのものが扱われているので、ご関心のある側はとにかくお店を覗いてみてくださいね。実行も大事です。わたくしはウォーキングやランニングは手術以降、お休みしていますが、これもやがて再始動しようと思っています。

 まずは、上の名前に戻りますね。何だかんだ書いているのに、何故、わたくしにとっては「昼前バナナといったスムージー」なのか、ナゾだらけですよね。理由はこう証拠したからです。それは、わたくしは目下の自分の生涯を振り返り、どんどん「朝ご飯を食べて、お日様に当たる」ことが人間の身体には不可欠で、こういうささやかな感性づけといった品行が自分のヘルシーや天命本人に繋がっていると気づいたからです。当たり前のことをせっかく昨今気持ちづけたといいますか、ポイントは、「実話をもちまして」そのように聞こえるようになったことです。

 そうです、わたくしにとっての「昼前バナナとスムージー」はこういう気付きのなかでついにわたくしが自分の身体のために試したスタートだ。ものぐさな私でも簡単に保ていらっしゃるから、実際気楽に望める食恒例の一つですと思います。たとえば、私の日常は、バナナとスムージーから始まります。決まった時間に起き、朝日を浴びながら、バナナで頭にサッカライドを。そうして、呑みきり種類のスムージーをおっぱいで割って飲み込む。スムージーには液体と粉末があるようですが、相互試した周辺、わたくしにはとも合いました。当然、お通じもなだらか、皮膚もいくらでも潤って出向くのがわかります。という訳で、「昼前バナナってスムージー」は、わたくしとって憂慮無く緩やかに続けられる身近なヘルシー法だ。ご感心のある側は、ぜひともお試しありゃ。胸を大きくする方法

コメントは受け付けていません。